辻井でSanders

ドッグフードには、「肉副産物」と呼ばれるもとが使用されていることがあります。副産物なので肉ではなく、その考えは五臓だけでなく脳や血まで含まれます。本来の人間に飼育されていないときの生き物は自分でエサを取ってくるので、持ち主としてはめったに気のり取り止めるかもしれませんが、五臓などを取る状況自体はそれ程重大な問題ではありません。ドッグフードとして授けるリスクが高くなるのは、肉副産物に含まれない品まで紛れ込んでいるドッグフードや、肉副産物になるまでの組織に問題があるシチュエーションだ。
粗悪なドッグフードには糞尿や羽などが混在やることがあり、そんな食べられない物を含めて肉副産物として利用しているケースがあります。食肉メンテナンスをしていると、やむを得ず人間が食べられない部分が出てきますが、それを譲る代わりにドッグフードに混ぜていることもあります。
どんどん凄いのは、「4D」と呼ばれている肉が使われているものです。4Dとは4つの英単語の頭文字から取った冠になり、日本語に訳すと、死んだ生き物、死にかけた生き物、疾患にかかった生き物、けがをした生き物の肉を表しています。4Dはアメリカ合衆国で使われている肉を描き出すクラスになり、人間が食することはありません。しかし、ペットたちの食事にはしれっと使用されているのが現実です。
また、食用に向いていない脂肪などはレンダリングと呼ばれる方法でとにかく溶かして再利用することがあり、残る肉粉をドッグフードに組み合せることがあります。肉副産物は汚染されていないことが配置になっていますが、疾患や災いで死んでしまった生き物の死骸が使われていることもあり、ただただ食べ続けているとアレルギーなどの様々な疾患の危険を抱えてしまう。
ドッグフードのもと表示のところに、ミートミールや肉骨粉、家禽肉副産物などの表示がある場合は、如何なるもとを用いるか不明瞭なので、実際の安泰はほんとに少ないものです。疾患の危険を除けるためには、もと表示を見て素材が確認できるドッグフードを選びましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です