佐田とレイ

せっかく治療を終えたのに全然白さが長続きしなかった、という話をホワイトニングについてはよく聞きます。ホワイトニングの方法や本人の状態にもよりますが、歯の白さは数ヶ月から二年ほどしか続かないのが実情です。ホワイトニングを極力維持したいなら、審美歯科の利用をお勧めしますが、何も考えず漫然と治療を受けるのではなく、平均的な持続期間はどのくらいなのかを聞いた上で施術を開始してもらうべきでしょう。歯列矯正も併せて行いたいという人は、双方に習熟しているクリニックを選択しましょう。子どもが小さい時、大人になると歯並びが悪くなるかもしれないと歯科医に言われ、二人の娘に歯列の矯正治療を受けさせることにしました。矯正治療は費用が高い印象ですが、実費としては上の娘が約80万、下の子が60万くらいでした。一般的な歯科矯正の相場は70万円から100万円程度だと聞いていましたし、私も過去に矯正したことがあって、綺麗な口元は全体的な印象が良くなると知っていましたから、治療の値段が高くても理解した上で治療をすすめました。顔の形がゆがんで気になるという方は、もしかすると、歯並びが悪いことがその歪みの原因になっている場合があるようです。出っ歯や受け口など、見た目に悪影響を与える不正咬合の場合は、歯列の矯正を行うことにより、顔の形も小さくなるという喜ばしい結果も得られます。噛み合わせが正しくなれば、食事も楽になり、スポーツや力仕事の際に歯を食いしばる動作も自然にできるので、日々の動作が自然になることで笑顔も綺麗になるでしょう。一人一人の状況によって変わるとはいえ、歯列矯正の施術においては瞬間的な痛みや持続的な痛みからは逃れられないと言われています。ですが、矯正器具や施術の方法も年々変わってきていますから、苦痛を伴わない歯列矯正を行っているケースが多くみられます。矯正をしたいけど痛みがネックだ、と思っていた人も、そうした歯科にかかれば大丈夫ですね。口元がきれいだと端正な顔立ちに見えますし印象がだいぶん変わります。ですから、生涯の歯並びを考えるなら、幼い時から矯正で整った口元をつくっておくのが大切です。まだ歯が抜ける前から矯正すれば、永久歯が生える頃には綺麗な歯列になるという訳ですね。歯並びが悪いと虫歯にもなりやすいです。歯の健康のためにも子どもにの歯科矯正を受けさせたい方は、早めに決断した方が良いでしょう。コンプレックスだった歯並びの悪さを治すために矯正することにしたのですが、始めて早々に身体のあちこちが不調になってしまいました。その時は全く矯正のせいだとは思っていなかったのですが、病院にいったところもともと、自分の歯の噛み合わせが特徴あるタイプだったそうで、矯正で歯並びを変えようとすると肩こり・頭痛といった症状に悩まされることがあるという話でした。このようなことは初耳でしたし、歯科医からは説明を受けていませんでした。矯正中は、歯に装着する矯正器具やマウスピースの影響で、食べづらく、痩せたという話もあります。また、矯正終了後には反対に体重が増加するという話もあります。矯正している間は十分に食べられなかったことへの反動で、つい沢山食べてしまう、リバウンド状態に陥ってしまう方もいるようです。長期間の歯列矯正を耐えて、綺麗な歯並びを手に入れても、スタイルが悪くなっては勿体無いですから、治療中や治療後の体型維持にも力を入れることをお勧めします。歯を綺麗にする手段である、歯科矯正やホワイトニングは、どこの歯科で行うかによっても金額が変わってきます。患者さんそれぞれの状態に合わせ、適切な治療法を選択されるので、それによって治療費の額も変わってくるというわけです。歯科の方針によっても費用は大きく変わりますので、事前に確認しないで通院を始めてしまうと思った以上に費用がかさむこともあるので、十分気を付ける必要があります。可能なら、歯科を選ぶ時点で治療に必要な通院回数や治療費を確認しておいてください。女性が歯並びの矯正を行うと、見違えるように美人になったというケースは多いです。乱れた歯並びよりも、綺麗な歯並びの方がずっと印象がいいということでしょう。たかが歯並びと侮るなかれ、それほど重要な要素ですが、さらに、矯正が美人を作ると言われるゆえんとしては、不正咬合が治ったことで、歯並びのみならず顔の形も綺麗になったことも大きな要因ですね。口内炎が辛いとよく言われるのが歯科矯正です。特に、矯正の最初の内は、矯正に伴って口内炎になってしまう方がいるのは事実と言ってよいでしょう。器具の金属部分が柔らかい口内を引っ掻き回す形になり、それが口内炎の元になるわけです。専用の薬やワックスも歯科で扱っているので、聞いてみましょう。また、日頃の歯磨きなどの口内ケアが大切になるのは言うまでもありません。本当に消しゴムのように歯の黄ばみを落とせる、便利なホワイトニング用消しゴムを見つけ、早速買ってしまいました。消しゴムの使用は1週間に一度くらいに留めるようにと書いてはあったのですが、みるみる白くなるのが面白くて、頻繁に使っていました。消しゴムはあくまで表面を削っているにすぎず、頻繁に使用すると歯を削りすぎて弱めてしまうということが想像できなかったのが私の失敗です。私は少し前に歯科矯正を受けたばかりで、歯に負担をかけていたことも、余計に歯を痛める原因になったのでしょう。少し前まで、歯科矯正といえばワイヤーを用いた方法しかなく、たとえ透明なワイヤーによる方法でも、一目見れば分かってしまうのを多くの患者さんが気にしていました。ところが、今では、マウスピースを装着して矯正していくことができるので、周囲の人に悟られない内に歯並びを矯正できる治療法が現実のもとのなったのです。しかも、マウスピースなら自由に取り外せるので、これまでのやり方と比べて衛生面でも優っており、これからはワイヤーに代わって主流になる可能性が高いといえるでしょう。ホワイトニングには、オフィスホワイトニング、ホームホワイトニングなど色々ありますが、人体の作用を利用した施術ですから、人工の歯には効果がありません。自前の歯以外の部分、例えば差し歯やインプラントがある場合は、自前の歯と違って、白くならないのです。差し歯の部分だけが白くならずに取り残されていると、自然な見た目にはならない可能性があります。とはいえ、同じタイミングで差し歯を取り換えるなど、口内全体のバランスを保つやり方は色々あるので安心してください。ホワイトニングと併せて歯科矯正も行いたいと考えている方は、ぜひ審美歯科の利用を検討してみてください。歯を綺麗に保つホワイトニングの作業は、毎回歯医者に通わなくても、自宅でも続けられます。歯科で作ってもらった自分専用のマウスピースを使い、これを使って専用のジェルを歯に染み込ませていきます。このほかに、市販のマウスピースと薬剤を使って行うホームホワイトニングというのもあり、最近話題になっています。歯科と比べて安価で行うことができますし、市販アイテムの種類や使いやすさも、一昔前とは比べ物になりません。ホワイトニングで真っ白な歯をゲットすれば、美しさの大事なポイントである「口元の印象」を大幅に改善できます。毎日を忙しく過ごされている方にとっては、歯並びの治療をしようと歯科矯正を考えたとしてもどの程度歯科医院に通わなければならないのか懸念があると思います。矯正の治療が始まると週1回ペースで通院が必要になることもありますが、そう簡単ではないですよね。多くの矯正治療においては歯に器具を付けて歯並びを整えていくのですが、その後は器具が清潔か、虫歯になっていないかなどが大切です。日常的に口内のお手入れを欠かさない方であれば何度も歯医者に通わなくても済むかもしれません。歯が白くて綺麗でも、肝心の歯並びが良くなければどうしても良い印象にはなりませんよね。そのため、歯科矯正を考える人も多いわけですが、気になる治療費の額については、はっきりした相場は決まっていません。ケースバイケースで治療期間が異なるので、人によって費用の差が激しい部分もあり、はっきりと言えないのです。状況に応じて治療に必要な期間や手法が変わりますから、前もって専門医の説明を受けてから判断するのが確実だといえます。歯科で歯並びの矯正を受けるときには、矯正に先立ち、邪魔な歯の抜歯が必要なことがあります。歯の位置が大きくずれてしまっている場合、矯正しようにも、動かす先に十分なスペースが得られない場合もあり、抜歯はそれを見据えた処置ということです。そのような歯並びの場合には、歯を抜かずに矯正を進めようとしても、歯同士が押し合って、歯列の拡大を招いてしまい、顎が広がり、不恰好になってしまう可能性すらあります。ホワイトニングにもいくつかの種類があります。基本的には、歯科で処置を受けるオフィスホワイトニングという形式と、専用の薬剤を用いて自宅でホワイトニングを行う、ホームホワイトニングがあります。一度の施術で白さを実感したいなら、断然、オフィスホワイトニングがオススメできます。一人一人の体質によっても差はありますが、歯科医院で一回施術を受けるだけで十分白さは実感できます。また、歯列の矯正を合わせて行いたい場合には、並行して行うのは難しいので、先にホワイトニングから終わらせるという工夫がなされる場合もあります。歯科矯正を受けている最中に気を付けておくべきことは、日々の食事後のケアや、運動時の振舞いなどです。構造上、矯正器具の隙間にどうしても食べ物が残ってしまい、歯磨きやマウスウォッシュなどによるこまめなケアを怠ることはできません。さらに、運動時など力を入れる際には、奥歯をぐっと噛み締めることが多く、それによって口内が傷ついたり、異なる方向に歯が引っ張られて痛みが走ることもあるのです。これらの注意事項をあらかじめ歯医者さんで確認しておいてください。自分は、外食時にも必ず食後の歯磨きをしなければ落ち着かず、常に歯磨きセットを携帯し、毎食後に5分くらい歯磨きをしています。短い時間で歯磨きを終わらせられず、それもあって、外で食事するのが苦手になってしまいました。ですが、最近になってやっと、マウスウォッシュを歯磨きのかわりに使うようになり、便利になりました。誰もがホワイトニングを行い、歯の白さを保つべきだと思います。社会人としては周囲への配慮も必要だと思うからです。また、口元をキレイにするには、歯列の矯正を受けるのもいいですよね。ホワイトニングの方法は一つだけではありません。大別すると、オフィスホワイトニング、つまり歯科医院で全ての処置を行う方法。それと、歯科医院でホワイトニング用の薬液とマウスピースを処方され、自宅で歯を白くしていく、ホームホワイトニングという方法とがあります。また、即効性と持続力の双方を求める場合、歯科と自宅の両方で処置を進める中間的な手法(デュアルホワイトニング)により、デメリットを補い合うことも可能です。専門の審美歯科にかかれば、歯列の矯正をしながらホワイトニングを行うこともできるので、担当の先生に聞いてみましょう。歯科矯正で歯並びを改善しようと思っても、どれくらいの時間が必要なのか気になりますよね。しかし、歯科矯正のやり方や期間はそもそもの歯並び次第でかなり異なるそうです。歯並びを良くするためにどれだけの本数が歪んでいるのかを確認し、歪んだ歯をどれだけ矯正で元に戻せるのかといったことが矯正方法や治療期間を決めるうえで重要な点です。歯科矯正の治療の流れですが、虫歯の治療が必要であれば、まずそれを治します。その上で矯正の計画を立て、無事に器具を歯に装着したら、経過観察を続けていくようです。矯正治療の方針によって、どれだけの期間を治療しなければならないか推定できます。ホワイトニングの他に、歯のクリーニングというのもよく聞きますが、綺麗な白い歯がほしいという美容目的で主に受けるのがホワイトニングです。歯は食事や喫煙などで少しずつ色が付いてくるものなのですが、簡単な施術で白さを取り戻すことができるのがホワイトニングです。これに対して、クリーニングは、歯周病などの原因となる歯の汚れを落とすもので、ホワイトニングよりも医療寄りの行為ということになります。ちなみに、綺麗な歯の見た目を実現するには歯科矯正という手段もありますが、これには噛み合わせを良くし、顎の負担などを改善するという長所を認めることができます。歯を白くするホワイトニングや、歯並びを綺麗にする歯科矯正。実際に歯科に通う頻度や回数は、それぞれのクリニックによっても、また患者さん一人一人の状態によっても大きく違ってきます。歯や歯茎の状態、つまり虫歯や歯周病の有無などでも通院すべき頻度や回数が変わってくるため、できることなら事前にチェックしたいところです。この点については、虫歯や歯周病の治療は普通の歯科にかかり、歯科矯正やホワイトニングは、それ専門のクリニックで受けるといった方法もあるので、自分に合った通院の仕方を考えましょう。歯並びの矯正はどのように行われるのでしょうか。その仕組みが実際どのようなものか知っておきましょう。ワイヤーやブラケットという器具で歯を押さえつけ、歯の位置や角度を、じっくり時間をかけて変えていき、あるべき位置に定着させ、歯並びをよくするのです。行ってみれば盆栽の針金かけのようなものですね。矯正装置にも色々な種類があり、歯並びを治すマルチブラケットの他、永久歯を抜歯する際に用いるホールディングアーチなどがあります。半年から数年間に及ぶ矯正期間が終わった後は、当面の間、リテーナーという装置を装着しておくことになります。歯並びが悪いと将来苦労するとか、周りのお子さんもしているから、と言われて焦って歯科矯正に手を出してしまう場合があります。しかし、これには危険もあります。中には、歯医者さんから勧められて決断してしまう方もいますが、子供はまだ骨が成長しきっていませんから、まだ矯正など必要ないという場合もあるのです。しかし、本当に必要かは場合によりけりですから、歯科医師が勧める理由を聞き、場合によってはセカンドオピニオンも求めることで、冷静な判断ができるでしょう。多くの方が悩まれることとして、歯科矯正の最中に息の臭いが気になってしまうのは残念ながらよくある話です。主な要因は、器具と歯の隙間に食べ物が挟まって腐敗することです。半年から二年ほどの矯正期間だけの口臭ですから、そこまでデリケートにならなくてもいいですが、それで周囲に悪印象を与えては損ですね。矯正器具を付けている間は、歯磨きなどの口内ケアがやはり必須と言えるでしょう。歯のケアにあたり、私はホワイトニングしか行ってきませんでした。やはり白い歯には憧れがあったからです。しかし、それだけでは意味がありませんでした。見た目が白くなっても、歯に負担をかけすぎてしまって、歯茎は弱くなっていきました。歯茎を丈夫に保つ方向には意識が向いていなかったのです。他をケアしないでホワイトニングを掛け続けてしまったため、そのぶん歯茎が弱くなってしまって、アイスや冷たい飲み物などを口にすると、沁みるようになって痛みを覚えます。また、歯並びの矯正もしておけばよかったと今は思います。煙草が手放せず、どうしても歯の黄ばみが取れない、といった悩みには、ホワイトニングが一つの救いになるでしょう。憧れの白い歯を短期間でゲットするには、最も合った方法です。歯に色がつく原因としては、煙草以外に薬などもありますが、歯の表面を傷付けることなく、白い歯を実現できるのが利点といえます。たとえ歯科矯正で歯並びだけ直したとしても、歯自体が真っ白になっていなければ笑ったときの印象は完全にはよくならないのですよね。矯正治療は実績の多い治療法ですが、気を付けなければいけないこともありますから、いま歯科矯正をお考えの方はぜひ目を通してみてくださいね。歯科矯正は、長年定着している歯並びを矯正器具によって強制的に動かしている訳です。ですから歯や歯茎にストレスがかかっているのは間違いありません。理想の口元になるために痛みや違和感を我慢してでも絶対に中断しない、と勝手に思い込まないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です