七郎のトオル

看護士と看護師、いったい何が違うのでしょう。読み方はどちらも同じですが、この二つを漢字で書き表すと二通りで表すことができます。少し前までだと、「看護士」が男性、そして、女性を指す際には看護婦と、わかりやすく区別されていました。法律が変更された2001年を境に、男女分け隔てなく使用できる看護師の呼び名にひとくくりにされることになったのです。看護師の世界で通用する、業界専門用語の一つとして「エッセン」というものがありますが、なんだかおわかりでしょうか。実は、食事休憩をとりますよ、と他の勤務中の看護師に伝えるための暗号として日常的に使用されています。このエッセンという言葉自体には、何かの略語とかではなく「食べる」を意味するドイツ語が由来だそうです。医療の現場においては、医療先進国ドイツの言葉がよく使われてきた歴史があり、現在までその習慣が微かに残っていて今の時代の看護師も、よく使う業界用語です。他の一般的な職業と、看護師の収入などを比べたデータによると、平均年収という一点では確実に、看護師の方が上回るといいます。それから、看護師という仕事は医療機関を中心に一定数以上の需要が常に見込まれるので、例え不景気下であっても、年収額が大きく落ちることがない、というような大きなメリットがあるといえます。さてそんな看護師ですが、給料は良いものの、否応なくサービス残業をすることになる、というケースが多いなど、看護師の労働環境は、しっかり整っているとは言い難い状況です。もはや日本は超高齢化社会です。病気になったりケガをしやすい高齢者が増えることで、病院利用者も増加して、看護師もますます大変になっています。お世辞にも良いとは言えない労働環境で、長時間の残業と夜勤を続けたため、過労死してしまった看護師もいたのです。きつい夜勤を避けて日勤のみの仕事を探しても、訪問介護で自宅療養中の患者をみることになったり、そうした仕事においても、高齢者の数が増え続けているため、さらに看護師の需要は高まっており、看護師にかかる心身の負担は大きいです。看護師としての勤務は、異業種に比べると高給です。だから、というわけではないかもしれませんが、洋服に気合いが入った人が少なくありません。そうはいっても、看護師といえば大変多忙な仕事でもあります。ほとんど休めない様な病院もあって、せっかく収入があっても使うタイミングがなく貯まり続けるだけといったケースもよくあるみたいです。収入だけでなく、休日に関してもよく考えて、バランスのいい勤め先を選ぶのが最もいいと思います。日夜、看護師として厳しい仕事を続けていると、大変な目にあったりもします。そしてつい、楽な病棟はないか、などということを考えるようになってもおかしくありません。他と比べるとまあまあゆったりしているとされる病棟は、眼科、精神科、整形外科といったあたりといわれています。しかしながら、医療機関の種類や、高度な治療が必要な重症患者さんの受け入れはしているのかによっても、仕事内容がきついかどうかは、変わってくるでしょう。現在、私は病院事務として働いています。普通は仕事中に看護師さんとの接点はありませんが、皆さんいつも忙しそうです。家庭を持つ人は、夜勤がある時などは、家事はもちろん、育児に関してはより大変なのではないでしょうか。ですが、予想よりも忘年会の時に、うまく対処されているなと感じたのが、看護師さんの中で、子連れで来ている方が少なくないんですよね。先生方も笑顔で、和やかで楽しい会となりました。看護師が病院で働く際、病棟勤務か外来勤務、片方を選択することになるわけですが、子育て中であれば外来勤務を選ぶと良いでしょう。日勤だけですので、保育園や学童を利用して働くことが可能になります。そしてまた、外来勤務では夜勤はないですし、多くの場合は土日と祝日はお休みになります。勤務中に忙しい思いをするのかどうかは、病院によりますが、例えば人気のある診療科だったりしますと多くの患者が押し寄せるように待合室に集まり、かなり忙しいことになり、その上待たされた患者からのクレームも増えます。どんなスキルが必要になるか、ということもどんな病院か、診療科はどこかによって、変わってきます。医師も看護師も主に病気の人と接する仕事ですが、この二者間の決定的な違いといえばなんだと思いますか。はっきりした違いは、医師がすべきことは患者さんの診察を行い、そしてそれに沿って治療を行うということや、健康を維持するためのアドバイスをしたりそのために必要な薬の処方を行うといったことが仕事です。その一方、看護師さんの行うことはといえば、医師の指導に則って、医師が行う診療の補助を行い、患者さんのケアをするということが中心です。正社員として働く看護師もいれば、パート勤務を選ぶ看護師もいます。正社員の場合は月給制で、週に何日か働くパートですと、給料は時給計算になります。具体的な金額としては日勤の場合でおおむね1300円以上1800円くらいまでがパート看護師の時給としての相場です。時間いくらのパート勤務にしては高い時給だと一見思えるかもしれませんが、専門職である人命に関わる看護師であり、かなりの激務をこなしていることを思うと、かなり控えめなお値段ではないのか、と言いたくなります。慢性的な人手不足を訴える医療機関も少なくない程、看護師の需要は高いため、転職がとても容易です。希望の転職先に履歴書を送って、書類選考をパスしたら、面接という流れになるのがふつうです。面接では、今まで勤務してきた職場における経験などについての話を聞いてもらったり、相手の質問に答えたりしますが、能力的なこと以外に、職場仲間として適応できるかどうか、性格や人間的なところもテストされていると思ってください。技能や知識のみならず、人としての良い面を知ってもらうことができるかどうかは、とても重要なポイントになります。ハードワークで知られる看護師ですが、そこで激務の内容を少し見てみましょう。特に病棟勤務の場合ですと、重症患者さんもいて急変がいつ起こってしまうのか予測ができませんし、身体をよく動かせない患者さんの、ちょっとしたお世話も看護師が行います。また、かなりひんぱんに緊急の手術予定が入ることもあり、少ない人員で仕事を回している夜勤業務の時間にナースコールに何度も応答することになったり等々、めまぐるしくゴタゴタする夜を過ごすこともあります。病気や怪我のリスクが高まる高齢者が、人口の四分の一ほども占めるようになり、ここ数年でどんどん医療機関を利用する人口が増加しています。ということは、看護師に関してもどれだけいても足りないという程、現実にはどこでも常に人手不足を訴えているような状況です。しかしながら、業界で人材が不足しているのなら、それを解消するべく、求人も増えるわけですから、看護師は引く手数多で、働き先をある程度選ぶことができるというメリットも確かにある訳です。一度は辞めた職場にもう一度戻って働く、出戻りの看護師は意外と多いです。ただ、それ程スムーズに、戻ってこられるかどうかはどんな辞め方をしたかによって決まりそうです。よくあるのは転居や結婚を理由に辞めたり、または出産、育児を理由とした辞職であれば、出戻りをして復帰しやすいのではないでしょうか。こういった事例は増加しています。子供がいて、夜勤が難しいということで、日勤のみのパートで復職を果たす、という人も増えてきています。働きながら妊娠したら、看護師として特に注意するべきは、まず、胎児が放射線の影響を受けることがないようにする、ということです。放射線治療やCT、エックス線撮影をはじめ、病院内で働く限り、危険はいろいろありますので、注意するに越したことはありません。それから、薬についてですが身近に様々な薬品が、大量に存在する環境なのですから、放射線被曝と同じくらい、注意が必要です。一方で、看護師の仕事は、ハードな肉体労働でもあって、残念な流産や、早産の危険がとても高いです。それを踏まえ、妊娠期間中だけでも、きちんと休憩を取って無理をしない勤務を徹底してください。働く時間も休みも不規則な看護師の仕事ですが、土日を休みにしたければ、そうすることもできます。簡単なのは、病棟勤務から外来勤務に移ることで、そうすると、土日を休みにできるでしょう。予定にない急な出勤や、休日診療の当番が回ってくることもありますが、土日は休める、と考えてもよさそうです。あと、入院施設のない個人経営のクリニックとかだと、そういったところは高い確率で土日祝日は休みをとれるでしょう。入院できるような大きい病院の看護師の仕事内容は、外来勤務と病棟勤務で大きく違ってきます。そうなると、看護師生活を病棟勤務でスタートしたとするなら、そこを辞めて、次に就職をしたところでも病棟勤務になる、というのはありがちなことです。そして、もし何か得意な技能があることを、採用される際に伝えておけば、その技能を一番発揮できる配置決定となるのが一般的で、雇用する側される側、双方にメリットがあります。仮に、いつでも夜勤が歓迎である旨を伝えるとしますと、24時間体制が基本の病棟で、勤務することになるでしょう。そうした仕事の中身により、給金の額も増減することを視野に入れつつ、希望する点を相手にしっかり伝えるのが、双方にとって有益なことです。医療機関で正職員として働き、病棟勤務についていれば2交代制や、あるいは3交代制の形で夜勤勤務に従事することになるはずです。夜勤ならではの特徴としては、日勤と比べて人手がだいぶ減ってしまい、そうやって人がいなくなった夜中に容態が急変した重体患者が出たりなど、定められている業務以外の予想されていない事態への対応が多くなります。当然、通常業務もこなしますから、トータルの作業量としては、おおむね日勤よりも多くなるのが普通です。要資格の専門職である看護師ですが、他業種と比べると、簡単に転職ができるようです。引っ越し、結婚、出産という類の一個人のライフステージが変化することによる転職もよくみられますが、そうではなく、看護技術のグレードアップなどを目指して転職をしたいという人も珍しくはないようです。こうした理由によるのであれば、はっきりした志望の動機を持っていなければ職場を変えるのは難しくなるでしょう。なるべくなら、特定の科で看護のスペシャリストを目指すための経験を積みたい、大病院で最先端の治療に接したい、というように積極性を感じられる理由を挙げたいところです。例外もあるかもしれませんが、看護師として働いていると、やはり辞職を考えることも何度もあるでしょう。 お仕事に関する失敗だけでなく患者さんとのトラブルなどもあるのです。しかし、やりがいがあると感じることももちろんあります。元気づけてくれる言葉に、優しい言葉など、先輩のかけてくれる一言一言を筆頭に、いろいろな方に支えられながらやってこれていることを感じています。たいていの場合、看護師の人間関係は良くないと、当たり前のように囁かれたりしていますが、職場に占める女性の比率がとても高いということが、その主な理由であると考えても良いでしょう。というのも、小さな集団を作って、気の合う者同士固まる傾向が女性には強くてそうやって顔を合わせると、誰かの噂話に興じたりするなど、仕事場にいる殆どの人が女性、といった場合には頻繁にそんな光景も見られるでしょう。あまり健全ではない、そんな空気の中にいてあまり良い気分もしないでしょうが、女性が多数を占める仕事場であれば、これは仕方がない、と納得しておくと良いかもしれません。新卒ですぐに勤めた病院では、そのハードさと人間関係に参ってしまって逃げるように辞職し、もういっそ、看護師を辞めてしまおうか、などと悩みました。ですが、ハードな仕事ではあるものの、やっぱり自分には、看護師という仕事しかないだろうと考えて、転職することを決めたのでした。決心してから「さあ履歴書を書かなくては」という時に「どう書こう」と、とても困ってしまいました。検索していろいろ調べてみたり、本を見たりしつつ、四苦八苦しましたが、ともかく書き上げたのでした。けれども、もう一人前なのだから、いろいろなことに際し、なんでも自分自身で決定し、責任をもってやっていかなきゃ、ということがつくづく実感したものでした。いつ働くか休むかをコントロールしやすく、自分のやってみたい仕事や働きたい施設などを割と選べる、といったあたりが派遣の看護師として働く上でのメリットでしょうか。働く期間も様々で、単発、短期、それから長期で腰を据えて働けるものもありますし、いろいろある中から、自分に合ったところを選べます。なので、看護師として働きたいけどなかなか条件に合うものがない、という人には条件を選べる看護師派遣も、悪くはないはずですから、それを踏まえて仕事を探すと、選択肢がとても増えます。少々昔の話ですが、看護師といえば極端に労の多い仕事であるという風にイメージされていたようなのですが、近年ではきついながらも、それに合った高額の給金を期待できる専門職であることが、よく知られるようになっております。看護師の手にする給料というのは、女の人であっても、その稼ぎでもって、世帯収入を背負っていけるくらいの額はもらえます。こうしてみるとよくわかりますね。看護師は高給取りである、というのは間違いありません。昔はあまりメジャーではなかった看護師の能力評価に関して、実行している病院がほとんどのようです。看護師の個々の能力を、間違いなく位置づけできるよう、評価の基準になるものを、しっかりと一から作った病院もたくさんあります。月毎に、こうした能力評価を行なう所があったり、一年分、年に一度だけ行う所も多いということです。こうして定期的にどう評価されているか知ると、今の自分がどんな段階にあるかを知ると同時に、不足していることが何かを知ることができ、高いモチベーションを保てます。収入の話になりますが、看護師という職業は、多くの女性が就く他の仕事と比べてみると、相当高めの給料をもらうことできます。人命にかかわる緊張感のある仕事だということや、夜勤や残業が多く、それに対する手当を確実に支給されるからです。身体的にきつい夜勤が人より多い場合や残業を厭わずに長時間こなすというような看護師ですと、給料はもちろん、普通に働いている他の人と比べると、かなり高くなるでしょう。24時間対応が求められることの多い、看護師という仕事の勤務時間についてですが、実際のところは、意外に時間の調整はやり易いようになっています。シフトの具合によっては仕方がないとしても、有給休暇を時間単位で取る時間休をとることができます。なので、小さな子供がいる人でもそれ程無茶をすることなく、働き続けることが可能、と考えられているようです。子供がいることで、予定外の急用ができたりと休みや早退もありがちなのですが、そんな中でも、なんとか帳尻を合わせて働いていけるのは、看護師という仕事だからこそ可能、ということは言えそうです。ところで、他の職業同様、勤務時間は大体8時間というのが基本です。いつも忙しく、様々な業務に携わる看護師という職業ですが、もはや看護師なしの病院などあり得ませんし、大変やりがいがある、と考えている人は多いです。入院患者のいる病院ではもちろん24時間稼働しますし、そこで働く看護師も24時間不在の時間があってはなりません。なので、日勤業務と夜勤業務に分けられて交代で勤務することになっています。夜勤業務があるので、多少強引にでも時間の調整をしなければうまく睡眠がとれなくて疲労が溜まることになります。看護のスペシャリストであり、様々な役割を期待される看護師は慢性的に人手不足のところが多く、常に求められています。ですから、再就職を考えたとしてもすぐに叶うでしょうし、そういった際に少々念を入れて就職活動をしてみると、希望通りの職場が見つけ出せる可能性があります。近年においては、ウェブ上のサービスとして専門的に看護師の求人などを支援するサイトもたくさんありますから、活用しつつ、優良な職場を探してみてはいかがでしょうか。看護師といえば、仕事のハードさがよく知られていますが、だからといって看護師の寿命が他と比べて格段に短い、などということはありません。けれども、夜勤のある交代制で勤務しますから、睡眠がきちんと取れなかったり、とても疲れてしまったり、強いストレスを感じることはよくあります。なお、看護師という職についていると、それなりに医療についても学んできて、詳しくもなりますから、他人の状態がどうか、ということのみならず、そのうち、自身の身体や健康のことなども状態を自覚したりできるようになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です