ターニアと平林

薄毛には各種諸々がありますが、なかでも「つむじハゲ」と呼ばれる薄毛は、邦人にはそこそこよく見られる薄毛の事象であり、邦人にとっては典型的な薄毛のひとつであるといえます。

「つむじハゲ」というのは、つむじの程度所からゆったり薄毛が進行して行くという分類の事象の薄毛だ。ですから、別段つむじ自体の欠陥によって薄毛になってしまうというわけではありません。まれに、「両方つむじ」などの先天的な素因から、つむじの周辺の地肌がふつうのヒトよりも見えやすくなることから、それが薄ヘアであると勘違いしてしまうヒトもいるようですが、実際、これはつむじの構造的な問題であって、薄毛をはじめとする無秩序というわけではありませんので、気苦労は要りません。

「つむじハゲ」は、いわゆる「Oワード形態」の薄毛の初頭系統、中期系統段階であるといえます。ですから、「つむじハゲ」は、「Oワード形態」の薄毛の場合とほぼ同じような発症原因があると考えられます。

「Oワード形態」の薄毛の形態、邦人にとっては典型的な薄毛の事象ですが、邦人の薄毛の一部分極限人口とおっしゃる「Mワード形態」の薄毛のような先天的素因とは異なり、どちらかというと後天的素因が発症の原因となっている場合が多いと考えられています。

では、その「後天的素因」というのは具体的にどんな素因が言えるのかというと、取り敢えず「暮らしの狂い」がつむじハゲには凄まじく影響を及ぼしていると考えられています。たとえば、特に災難原因が大きいと達するのが、「過度な飲酒」と「タバコ」だ。暮らしの中に過度な飲酒や喫煙があると、紳士ホルモンに対して悪影響を与えることになりますので、薄毛を助長してしまうことになります。ですから、つむじハゲを回避するためにも、なるたけ飲酒は控えるようにし、絶対に禁煙講じるという意欲が大切です。

そして、十分な休息をとることも重要です。中でも、快眠不完全と薄毛の原因は、どういう薄毛の分類においても大きな影響があると言われています。さすがつむじハゲについてもこれはいえますので、殊に夜間1ポイント~3ポイントくらいの、毛の形成が最も盛んに受ける時機の快眠は、敢然と確保することが大切です。

また、各種意味で「ストレス」が薄毛を進行させることが知られていますので、精神、肉体面でのストレスを解消するためにも、どしどしエクササイズを通常取り入れるようにすることをおすすめします。

以上のように、暮らしとつむじハゲの間には強い関係があるということを、敢然と認識していただきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です