コカブトで白沢

AGA(男形抜け毛症)の診査も非常に多様化してきている状態を考えると、それまでは薄毛や抜け毛症によってゼロ日毎を過ごさなければならなかった多くの男、そして最近では女性もいたわけですが、ケアが広範囲化したことによって、そういう「どん底」のときの中にひと筋の灯が射してきているといっても過言ではないでしょう。

ただ、そういった状況も、さほど良しことばかりではないというのが実際で、当面の視点として言えるとすれば、さすが「ケアが多すぎる」ということが逆にネックになってしまっているとも当てはまるのです。

だからこそ、AGAの外観やケアに細かい誰かが、なんらかの設定をつくってくれたらありがたいのですが、実は、そういった設定を「津々浦々肌科学会」というNPO業者が、すでに参照資料として自分者一般に見せるのです。

参照までにご紹介しますと、「AGA診査に関する方針」という資料の中で、AGAの診査概念、加療の「ジャンル」という形で明確にしています。ちなみにその順番というのが、A、B、C1、C2、Dという5タイミングに分かれてあり、Aは「行うことをきつく推奨する」というケア、加療であり、下記より「行うことを推奨できる」、「行うことを考慮しても良いが、明確な根拠がない」、「明確な理由が無く、行うことを推奨できない」、「控えるみたい推奨する」という形で指定されています。

此度ご紹介したいのが、C一段、すなわち「行うことを推奨しても良しが、明確な根拠がない」という微妙な見積もりのケア、加療ということになります。ところが、C一段という微妙な見積もりながらも、割り方有効であると罹る加療は相当あります。

とりわけよく知られているのが、「アデノシン」という外用薬だ。こちらは、外用薬ということもあるのか、他の内服薬にくらべると、副作用が非常に可愛いという結果比較的好評であるという経験があります。

そしてあまり、こちらも外用薬なのですが、「T-フラバノン」という薬もC一段に属しています。こちらも、それ程激しく評価する者は少なくありません。多少の副作用が見て取れるものの、効果も意外と数多く報告されていますので、一般的な印象で言えば、「いい加療」ということにはなるでしょう。

いずれにしても、こういうC1という順番に分類されている加療は、どちらかといえば、「検証できるだけの検証がそろっていない」という拠り所からC1というジャンルになるだけであって、実はB、もしくはAにジャンルやれるポテンシャルはあるのかもしれない、という型式の薬が多い印象を受けます。当然、これは飽くまでも印象であって、断言できるカテゴリーのものではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です